【アパレル通販回想記③】 オシャレの聖地、青山に進出するの巻

hatsune
hatsune

オーダーメイドファンメイクコンサルタント
まつむらじゅんじろうです。

 

さて、【アパレル通販回想記】の第三回です。
過去の記事はこちら
【アパレル通販回想記①】 マンションの1室から夢を見る。。
【アパレル通販回想記②】 スピードスピードスピード

 

白紙からのスタート

さて、自社のモバイルサイトは一応完成させたものの、これからどうやって売上を伸ばしていくかは全く白紙でした。なので、一からどうやって売上を伸ばしていくか考えていかないといけなかったんです。

 

それに当時は、スマホはなくガラケーのみだったので完全にPCとは売り方が違ってきます。
じゃあ、どうやって売上を伸ばしていったらいいか。。

 

最初にやったのはSNSへの投稿

mixi2

当時はmixiが全盛でした。
なのでmixiのコミュニティを作ったり友達を増やしたりしてサイトのPRを行いました。

最初にmixi経由で売れた時はめちゃくちゃ嬉しかったですね。
同時にブログも作ってみて、サイトへの誘導を図ったり、無料でできる事はなんでもやりました。

 

広告を打ってみる!

次に、少しずつ売れてきてサイトも充実してきたタイミングで広告を打つことにしました。
広告には失敗も多かったのですが、当時は一日に3-4社の広告代理店と打ち合わせして、いろいろと媒体の情報を聞いたりしていました。

 

私たちがターゲットにしていたのは、
あまり服に詳しくないけどオシャレしたい若者」です。

 

このターゲットは完全に一致しないまでも、非常にオタクと呼ばれる人に近いです。

 

なので、広告を出稿するメディアをオタク系のモバイルメディアに最初は特化して出稿していました。
これが上手くいって年末には月商で130万ぐらいの売り上げを上げるようになっていました。

 

オシャレな街へ進出する

同時に会社の成長はさらに勢いをまして、年末にはマンションの1室を脱出して、当時出来たばかりのオフィスに移転する事になります。

超オシャレな街、青山にできたオフィスビル「青山学院アスタジオ」でした。
http://www.aogaku-astudio.com/

 

一階にはNHKのサテライトスタジオがあり、
収録でよく芸能人の方が来ていて妙にテンションがあがったのを覚えています。

 

そんな中、年明けにまた社長に呼び出されることになるのです。。

 

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


六 − 2 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>