えーっと、差別化っどうやるの?

target

こんにちは!
オーダーメイドファンメイクコンサルタントの
まつむらじゅんじろうです。

target

最近いろんな人の相談に乗る事が多いのですが、
何か事業を始める時に多くの人が悩むのが同業他社との「差別化」です。
みんな、何か他と差別化出来る部分がないかを必死で考えます。
で、結局は見つからず始めるのを諦めてしまうです。

 

■差別化のために必要なこと

結論からいうと、
そんな簡単に他と差別化出来るサービスを提供なんて出来ないです。
というか、そんなものがあれば、苦労しないです。

 

でも、同じ商品を売っていても繁盛している店もあれば、
全然流行って売れてない店もありますよね?

 

単に価格の違い?
それとも他に何か理由があるのか?

 

差別化されるのには価格だけでなく、何か理由があるはずです。

 

■伝えるのではなく、伝わる事

商品のスペックや価格で勝負しようとする事は、
単に自分達が伝えたい事を伝えているに過ぎません。
それでは根本的な差別化にはなっていません。

 

重要なのは、伝わる事です。

 

別に商品のスペックや価格は同じでも、購入を検討している人に
あなたから商品を買うorサービスを受けるメリットが伝われば良いんです。

 

 

■イメージさせるためにターゲットを明確にする

伝わるという事は、相手が買う前にきちんとメリットをイメージ出来るという事です。じゃあ、どうやって相手にイメージさせるのか?

 

これにはいろいろと方法がありますが、
一番分かり易いのが、

 

欲求に基づいてターゲットを明確にするという事です。

 

どういう事か?

 

自分のサービスや商品を買ってくれる人が、
どんな欲求があって購入してくれるのかという事を考えるのです。
この部分を考え抜いてない人がほとんどです。

 

例えば、セーターを買いたい人なら、
どういう理由でそのセーターを買うのか?

 

そこを考え抜くと、価格だけじゃない理由が出て来るはずです。
デザインが良いとか、有名人が着てるからとか、モテたいからとか。。

 

そうすれば、商品を買う人の本当の欲求が見えてきます。
その欲求を満たせるという事を、商品を買おうと思っている人に、

 

「伝わるように表現する事。」

 

これが出来れば、圧倒的な成果をあげる事ができます!
是非、一度じっくりと考えてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


6 + 三 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>