Amazonの利益を出さない経営に学ぶビジョナリーである事の大切さ

jofu

こんにちは!
松村です。

みなさん、amazonは使ってますか??
なんかここ数年で日本でめちゃくちゃ存在感が増しているように感じるのは私だけでしょうか??

そんなamazonについての一枚にスライドが話題になっています。

1382736441.CROP_.promo-mediumlarge

利益が出てないという事実

WEB業界にいる人の間では、結構有名な話ですが、
amazonは現状ではほとんど利益は出てないどころか赤字です。

 

でも、一方でグラフを見ればすぐに分かりますが、
売上げが右肩あがりで上がっています。

 

これだけ日本でも普及してるamazonなのに、実は利益出てないんです。

 

いったいどこに利益は消えたのか?

これも有名な話ですが、amazonは上げた利益のほとんどを投資に回しています。

amazonは自社で物流も担っているので、大規模で効率的な物流の拠点を設けたりインフラを整える事に大きな投資をしていると思われます。

 

そのお陰で、当日配達や送料無料などが実現できているわけですね。
そのほかにも、kindleなどの新しいデバイスの開発にも大きな投資をしています。

 

これらの投資に利益の大半を使っているために、ほとんど利益が残っていないのです。

 

常にビジョナリーであることの大事さ

このグラフとかを見て、
「投資って大事だな。よし、じゃあ俺も投資するぞ!!」って思う人、
いるかどうか分かりませんがちょっと待ってください。

 

これは、amazonだから、もっというとジェフベゾスがCEOだから出来る事ですよ。
なぜなら、

 

投資をするという事は将来のビジョンが必要。

 

だからです。特に上場しているamazonのような会社ならなおさらです。

きちんと、どういうビジョンがあるから、ここに投資するって説明しないといけないわけです。

 

目先に利益を追わないって、想像以上に精神的にきつい事だと思います。

 

清清しく計画して、大胆に投資する

amazonのような大きな企業ではなくても、
個人でも常に投資するかしないかの選択は迫られています。

 

その時に、きちんとなりたい自分の青写真はあるのか?
その青写真を実現する道筋ははっきりと見えているのか?

 

もし、それが見えると考えたときは大胆に投資しましょう。

 

何に投資するかも自由です。

 

でも、昔から変わらない一番投資に対するリターン(ROI)が大きい投資対象は
自分に対する投資

 

です。
自分に対する投資を怠って、ツールや訳の分からないものに投資するのだけは
気をつけて下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


九 + 8 =