文章が分かりにくい人ほど○○的になる!

20130202130735

マイメディアプロデューサー松村です。

 
今日、渋谷を歩いていたら、
こんな中華料理屋さんを発見しました。
 
 
 
龍盛菜館
 
時間無制限!!
『食べ放題+飲み放題=4200円』
 
 
 
 
あー、食べ放題、飲み放題の店なんだ!
って思って通り過ぎようと思ったら、
 
 
 
 
えっ!!
時間無制限??
 
 
 
 
って、ところで
思わず立ち止まってしまいました。
 
 
 
 
いつまで食べてても
良いのかな。。
 
 
 
 
ずっと食べ続ける人
いないのかな??
 
 
 
 
いろんな妄想が頭の中に
浮かんできました。
 
 
 
 
まぁ、実際は問題なく
お店も営業しているので、
 
 
 
 
 
思っているようなトラブル
は起きてないんでしょう^^
 
 
 
 
そう思うと、こういうインパクトの
あるコピーは有効ですね。
 
 
 
 
まずは、インパクトあるコピーで
興味を惹いて、次に内容を伝える。
 
 
 
 
 
 
時間がない現代の人は、
少しでも興味がなさそうだと
続きをみてくれる事がありません。
 
 
 
 
————————-
 
さて、実は今日のメルマガは
ここからが本当の内容です。
 
 
先ほどの出来事は、
実際に昨日起こった出来事なのですが、
 
 
 
面白い文章や興味深い文章の
超典型的なフレームに入れて
先ほどの文章を
書いてみました。
 
 
 
それは、
 
具体的な出来事
普遍的なまとめ
 
 
という流れです。
 
 
 
よっぽど文章が上手くない人では
ない限り、
 
 
 
抽象的な話から始めるべきではありません。
 
 
(むしろ下手な人ほど、抽象的な話から
入る人が多いですが。。)
 
 
 
とにかく、読んでいる人が
リアルに想像できるような、
具体的な地名や詳細は情報を書くのです。
 
 
 
 
読んでいる人が、
 
渋谷か、分かる!
 
中華料理屋さんね、分かる!
 
という感じで、心の中での
共感を一つ一つ勝ち取っていくのです。
 
 
 
 
 
いきなり抽象的な話から入ると、
読んでいる人の頭の中は
 
 
??
 
 
からスタートする事になります。
 
 
 
これでは、文章を読み進めては
くれません!
 
 
 
まずは、とことん具体的な
エピソードを書く!
 
 
 
という事を意識してみましょう。
 
 
 
 
ただ、ずっと具体的な
エピソードを書いてるだけなら
 
 
 
ただの日記です!
 
 
 
 
その具体的なエピソードから
あなたが本当に言いたい想いを
まとめてください。
 
 
 
 
 
いきなり想いだけを伝えるから
伝わらないのです。
 
 
 
 
例えば、
 
アフリカの貧困をなくそう!!
 
 
という熱い想いがあったとしても、
それだけを言っても響きません。
 
 
 
小さい頃に、アフリカに父の転勤の
関係でナイジェリアに住んでいた事が
あって、
 
 
その影響で、アフリカの貧困問題に
とても興味があるという事を
 
 
 
詳しいエピソードを含めて話すと、
とても信憑性が増します。
 
 
 
 
例えば、
 
あなたの事が好きだ!
 
 
っていう言葉だけでは、
なかなか相手に伝わりません。
 
 
なぜ、好きなのか?
どういうきっかけで好きになったのか?
 
 
 
きちんと、その人なりのエピソードが
なりと相手には全く伝わりません。
 
 
 
 
ポイントは、
自分の経験に基づいた
具体的な話です。
 
 
 
 
この具体的な話がない文章は、
とても読んでて退屈です。
 
 
 
 
えっ、
何が言いたいの??
 
 
 
って事になってしまいます。
 
 
 
まだまだ文章に自信がないなぁ
という方は、是非
 
 
 
具体的な出来事
普遍的なまとめ
 
 
 
という流れで文章を作ってみて
ください!
 
 
本当に読みやすさが
全く変わってきますよ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


5 × = 四十

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>