Facebookのビジネスでの使い方、みんな間違ってますよ。

image

こんにちは!

今日はFacebookの話です。

Facebook、みなさん使ってますか?その中で、Facebookを仕事として使っている人はどのくらいいますか?

仕事でも使うけど、プライベートでも使うという方がほとんどだと思います。もっと言うと、仕事に活用できたら良いなぁーって感じだと思います。

 

そんな、もったいない事してて良いんですか・・・・。
って良くないですよ。

 

なぜなら、Facebookは現在、世界最大のSNSです。Facebookの月間アクティブユーザー数は現在、12億人以上です。日本だけでも、月間アクティブユーザーは2100万人です。とんでもない数字です。Facebookを使えば日本だけでも2100万人の人にアプローチできるんです。

 

今日はそんなFacebookをビジネスとして活用するための根本の考え方について話していきます。

 

友達以外はあなたの趣味や普段の行動に興味はない

Facebookは基本的には自分の知り合いや友人とつながり交流するためのSNSです。なので、ビジネスとして利用しようと思った場合は、知り合いや友達以外の人にも興味を持ってもらう必要がでてきます。

つまり、こういう流れを作り出さないといけないのです。

1)あなたが投稿する。

2)知り合いや友達が「いいね!」or「コメント」or「シェア」する。

3)知り合いや友達の、さらに知り合いや友達が、あなたの投稿を見る。

4)知り合いや友達の、さらに知り合いや友達が「いいね!」or「コメント」or「シェア」する。

5)あなたの投稿が、拡散していく

 

あなたの趣味や普段の行動を単に投稿しても、知り合いや友達が興味を持ってくれるかも知れません。しかし、普通はさらのその知り合いや友達が興味持ってくれる可能性は低いでしょう。

 

単に暇つぶしや、知り合いや友達との交流にFacebookを使うのであればそれでも良いでしょう。それも、もしかしたらあなたの趣味の投稿がたまたま拡散するかもしれません。

 

でも、戦略的にFacebookをビジネスとして利用しようと思うのであれば、考え方を変える必要があります。

 

話題になる投稿とビジネスにつながる投稿は違う

ビジネスとして利用するならば、知り合いや友達以外の人にも興味持ってもらう投稿をしないといけません。ただ、そこで勘違いしてしまうのが単純に面白い投稿をしようと考えてしまう事です。

 

確かに、笑える面白い投稿をすれば、「いいね!」or「コメント」or「シェア」が増えるでしょう。

でも、それであなたのビジネスにつながるでしょうか?

 

この視点を持つことが大事です。笑える投稿ばかりしている人に、真剣なビジネスの相談をしようと思う人は少ないでしょう。つまり、いいね!数が多いって事だけが必ずしも良いという訳ではないのです。

これは、個人メディアであるブログでも同じです。もしかしたら、話題のゴシップネタなんかの記事を書けばアクセス数は上がるかも知れません。でも、そんなブログを運営している人に仕事を頼もうと思わないでしょう。

つまり、単純に面白い投稿やふざけた投稿は、短期的にはアクセスアップに貢献をしても中長期的にみると、マイナスの影響を及ぼしてしまうのです。

 

1つ1つの投稿があなたの価値感を知らず知らずのうちに反映させてしまっているという事を理解しておいてください。

 

ビジネスにつながるためにする、たった2種類の投稿

では、具体的にどんな投稿をすると良いのか?


ライフスタイルやライフスタンスに基づいた自分の価値を高める投稿する

「専門家」としてのコンテンツ投稿をする

この二つです。具体的に見ていきましょう。

まず、①ライフスタイルやライフスタンスに基づいた自分の価値を高める投稿する。

Facebookでは、自分のライフスタイルやライフスタンスを発信して、あなた自身の価値が高まるようにしないとダメということです。自分のライフスタイルを見せても、それが結果的に価値が下がる投稿だったら意味がないのです。

例えば、実際に起こった出来事だとしても、

「今日も時間がないので、吉野家で腹ごしらえ」
「飲み過ぎて、終電逃しちゃった」

などは絶対に投稿してはダメです。

もし、あなが仕事を依頼しようとした時に、このような投稿をしている人に仕事を頼もうと思いますか?思いませんよね。

Facebook以外であなたの事を知らない人は、Facebookの投稿だけから、あなたがどんな人かを想像します。その時に、先ほどのような投稿があると、「きっと仕事にもだらしないのだろう」と判断してされてしまいます。

Facebookの投稿がマイナスに働いてしまう事もあるのです。なので、「自分の仕事でのポリシー」、「普段、勉強している内容」、「自分の考え」など、自分価値を高める投稿を意識することが大事です。このような投稿を積み重なることで、信頼と共感が生まれます。

 

次に、②「専門家」としてのコンテンツ投稿をする

これは、自分がビジネスとしておこなっている専門分野について、専門家としての投稿をするということです。専門分野についての話を誰でも分かり易く、丁寧に伝える事であなたに対して生まれていた信頼や共感がさらに深まります。

ここでは、専門家としてあなた独自のノウハウ、研究してきた成果、あなたの深い専門性が学べる場所などの投稿を行います。きちんと、①の「ライフスタイルやライフスタンスに基づいた自分の価値を高める投稿する」で信頼と共感が得られている人には、しっかりと伝わるようになります。

 

このように、


ライフスタイルやライフスタンスに基づいた自分の価値を高める投稿する


「専門家」としてのコンテンツ投稿をする

を合わせて投稿していきます。①と②のおよその投稿比率は①の投稿が8割、②の投稿が2割程度で行うのが良いと思います。

まずは、あなたのライフスタンスに共感してもらって、次に専門家としてのコンテンツを提供する。この流れを忘れないようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


× 九 = 54