ブログで何を書いたら良いか分からない?そんな人におすすめしたい3つの必殺技

hissatsu

こんにちは!集客プロデューサーの松村です。

 

個人メディアとしてブログを始めたら良いという話をすると、そうは言っても何を書いて良いのか分からないという人が多いです。

そういう人は、大体の場合、「今日は何を書こうかなぁ」と考えます。

 

それじゃ、ネタに困りますよね。そして、ネタがないのでランチの写真を載せたり、友達との写真をアップしたりするのです。ただの日記なら、それでも良いです。でも、個人メディアとしてビジネスとして発信していくのであれば、それではいけないですよ。

 

必殺技① 全てを自分の専門分野に置き換える。

ブログに書くネタがないという人は日々の生活をまずは見直してみましょう。

電車の中、TVの番組、雑誌、新聞、ネットニュース。毎日、いろんな情報に触れているはずです。その中で興味深かったものを、ひたすらメモして記録に残しましょう。

 

とにかく、いろんな記録のストックを増やすのです。その中で、自分の専門分野に置き換えられる事が必ずあるはずです。たとえば、電車の中刷り広告で面白そうなコピーがあれば、それをメモする。

 

そして、なぜそのコピーが興味深かったのか考えてみる。さらに、理由が分かれば、今度は自分のビジネスに置き換えて活用できないか考える。

 

そうする事で、普段目につくものが全てブログの記事のネタになります。

 

必殺技②違う分野をモデリングする。

これはとてもとても大事。

自分の専門分野のブログではない、全く別の分野の人気ブログを読んでみる。それも、出来るだけ沢山。その時に自分が引き込まれるブログがいくつか必ずあるはずです。

では、次にそのブログに自分がなぜ引き込まれるのかを分析してみる。

 

・文章自体が面白いのか?

・段落分けが上手いのか?

・構成が面白いいのか?

・デザインが良いのか?

・テーマの決め方が良いのか?

・ストーリー仕立てだから面白いのか?

 

とにかく、いろんな要素から研究してみる。そこから、沢山学ぶ事は出てくるはずです。そして、分析して分かった事を自分のブログに活かしてみる。

それだけで、かなり自分のブログのネタの範囲も広がるはずです。

 

必殺技③情報をインプットしてアレンジしてアウトプット

書くネタがないという事はつまり、アウトプットする事がないという事です。それならば、アウトプットを前提としたインプットを行なったら良いのです。

 

例えば、集客についての記事を書きたい。でも、書く内容が決まらない。となった場合、集客についての本を2、3冊読んで情報をインプットしてみましょう。

 

そこで得た情報を基に自分の経験を合わせて、ブログのアウトプットしていくのです。アウトプットを前提としてインプットなので、とても効率的に情報を吸収できますし、ネタに困る事もありません。

 

また、書いた記事も資産になるので自分のブログの価値も高まりやすいです。オススメ。

 

まとめ

ブログを書いていこうとする人の多くがぶつかる壁。それがネタ切れです。ネタがなくなってブログを書かない日が続くと、だんだん書くの面倒になってきて、やがて更新しなくなってしまいます。

 

ブログはなにはおいても継続する事が大事です。

 

資産になるような記事を蓄積させていけば確実にアクセスは上がってきます。そして、多くの人が途中で挫折してしまうので、継続するだけで大きな差別化になって頭1つ抜け出せます。

そのためにも、自分の中でネタ切れ対策は絶対に持っておいた方が良いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 九 = 11