知っているだけで成功に近づける!成功曲線(三木谷曲線)と努力の方向性の話

wpid-Featured_Picture405-620x413_thumb.jpg
wpid-Featured_Picture405-620x413

こんにちは。松村です。

 

最近、思うのですがブログって事業の成功の要素がたくさん詰まっていると思います。

第一に、すぐに結果が出ない(アクセスが集まらない)

第二に、たまたま成功する事(1つの記事が爆発する)があっても、長続きしない。

第三に、継続する事が大事。

こんな辺りが全く一緒だなと思います。

特に、すぐに結果が出ないけど、継続する事で経験が資産になり効果が出て来るのは事業でも言える事だと思います。

 

成功曲線(三木谷曲線)って知ってますか?

すぐに結果が出ないけど、継続すると結果が出て来るって話はいわゆる成功曲線ってもので説明されたりします。

こんな感じです。

5656

 

最初は時間をかなり投資するけど、努力に見合った結果が伴わない。
そんな状態が長い間続きます。

 

しかし、一定の努力の量を超えると、一気に結果がついてきて目標達成可能なところまでラインが伸びてきます。

多くの人は、一気に結果がついてくるとこまで継続して努力するのを怠ってしまいます。なので、努力が無駄になったと思うんですね。

 

でも、実際はもう少しのところで一気に成果があがるのに、直前で辞めてしまっている場合は多いです。

成功している人っていうのは、感覚的にもう少しで一気に成果が上がるなって事が分かっている人が多いです。

 

なので、しばらくは結果が全く出なくても継続して努力をし続けられるんですね。ここが成功者と普通の人との違いのような気がします。

 

ちなみに、この成功曲線を三木谷曲線と呼ぶのは楽天の三木谷さんが著書の中で、この曲線について話していたからみたいです。

 

どの階段を登っているか自分で気づいていますか?

努力は先程書いたように、一定の基準を以上の量をこなせば結果が伴ってきます。しかし、努力の方向性を途中で変更する事は難しいです。

自分はどの階段に登ろうとしているのか?その見極めをまずはきちんとしてから、努力を始める事がとても大事です。

 

例えば、筋トレを例にしましょう。

もし、プロゴルファーになるために筋肉を鍛える人と、ボディビルダーになるために筋肉を鍛える人がいたとしたらどうでしょう?
同じように筋トレをするでしょうか?

 

絶対に同じメニューの筋トレはしないはずです。

なぜなら目的が違うからです。

努力にも全く同じ事が言えます。

自分の目的や目標がまず何かを決めてから努力をしないと、無駄な時間を過ごしてしまいます。

プロゴルファーがボディビルダーのような筋肉をつけても、ゴルフに役立つはずがありません。むしろ、ゴルフをする邪魔になるでしょう。

 

自分はどのジャンルでどのような成果を残すために、この努力をするのかをきちんと考えましょう。

まずは、登る階段を決めるのです。

階段を登りきった後で、気づいてもまた別の階段を登り始めるのはとても大変です。

154

 

まとめ

何かを始める時は、必ず「努力の量と努力の方向性」を常に意識しましょう。

努力の量を知る一番の近道は、周りにいる成功者の人にヒアリングしてみる事です。例えば、ブログであればどのくらいの記事をどのくらいの頻度で更新していたかなどです。

 

ヒアリングする事で努力の量の目安がある程度分かるようになります。

努力の方向性については、自分の将来的になりたいイメージから逆算する事で考えていくと良いでしょう。

 

目先のタスクなどに追われていると短期的な目標に向かって努力するようになります。

もっと大きな視野で考えた時に、今現在行なっている努力は本当に正しいのかどうかを、再度確認しましょう。

 

そうする事で自分の本当に向かう方向性が見えて来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


三 + 9 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>