どの海に遊びに行こうか話合っている時に、サングラスを忘れた話をするな。

9325995752_e4b4d0044a_b_thumb.jpg
9325995752_e4b4d0044a_b

こんにちは。松村です。

今日の話は、起業や何か新しいビジネスを始める時に、意識しないといけない事です。

何かビジネスを立ち上げようとした時に周りの意見を聞いたり、発表会でプレゼンする事もあると思うのですが、そんな時は注意が必要です。

 

批判をするな、やる気にさせろ。

何か新しいアイデアを思いついた人が、みんなの前で発表するとすぐにあら探しをするタイプの人がいます。

ビジネスの立ち上げでも同様に、批評をすぐにしたがるタイプです。

こういった人達は絶対にある程度の数はいるのですが、その批評によって本来の目的や、やる気を見失ってしまうのはとても残念です。

全てを完璧にして始める事なんてできないからです。

 

言うべき事は批判ではなくて、どのようにすればビジネスを上手くいかせる事ができるかという意見なはずです。

 

サングラスは途中の売店で買える。でも夏が過ぎたら海には行けない

自分がビジネスで成功した事もないのに、批判する人の特徴として、本当にビジネスの本質と関係ない事を指摘するというのがあります。

 

例えば、

規約のこの部分のここが気になるんですが

とか

Facebookのグループを使ってコミュニティ作るって話ですが、Facebookをみんな使ってなかったらどうするんですか?」

とか。

 

本人は真剣だし、ビジネスの発案者も真剣に対応した方が良いのかも知れないですが、やろうとしているビジネスの本質にはまったく関係ない話です。

 

これは一例ですが、このような、よく考えれば本質ではないと思う質問を投げかける事で批評をしている気になるのです。

 

細かいビジネスの本質と関係ない事は、計画の中で修正はできます。しかし、向かうべき方向性を、細かい指摘によって変更していては成功するはずがありません。

サングラスは途中で買えるけど、選んだ海に入るという方向性を変えたらダメなんです。

海に入る度胸もないのに、海に行く人の事を批判する人たち。

こういう指摘をする人の多くは、ほとんどが自分でビジネスを行なった事がない人です。なぜなら、自分でビジネスを行なった事がある人は、実行する中で細かい修正がある事なんて当たり前だと思っているからです。

 

ただ、絶対にぶらしてはいけないコアな価値や方向性だけは、最初に決めておこないといけないのです。

そのコアな部分と方向性が間違っているかだけを徹底的に考える事が重要です。

 

意見を聞くのは大切だが、聞き過ぎたら前には進めない。

何かを始める時に、周りに人の意見を聞きたくなる気持ちは分かります。また、意見を聞く事によって新たな気づきを得る事も多いと思います。

ただ、意見を聞いた全員が納得するビジネスを始める事なんて出来るはずがありません。

意見を聞くのは大事ですが、誰に意見を聞くのか?
そして、自分の意志の強さはどのくらいなのか?

という事をきちんと考えておく事が大事です。

海に入るのは危険かも知れない。でも、だからこそ新しい世界がある。

ビジネスをやる事はもちろんリスクがあります。上手くいかない事の方が圧倒的に多いでしょう。

でも、だからこと新しい世界が広がっています。

ただ、その世界に飛び込んだ事のない人の的外れな批判で、飛び込むのをためらったり、方向転換をしてしまう事も多いです。本当にもったいないことです。

 

自分のビジネスの意見を他人からもらう場合には、常に本当に自分のやるビジネスの方向性を変える必要があるのか、自分のビジネスのコアな思いは何なのかを意識する事が大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 三 = 6

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>