あなたが商品を売り込む前にするべき、たった1つの事。

wpid-Featured_Picture91-620x412_thumb.jpg
wpid-Featured_Picture91-620x412

こんにちは!松村です。

今日はネットショップ関連のセミナーの資料を作ろうと思っているのですが、その時に改めて考えました。

モノはどうやったら売れるか?

という事について。

時代に応じて、どうやったら売れるかというのも変わってきているんですよね。絶対。

じゃあ、今の時代にモノを売るにはどうしたら良いのでしょうか。

全て見透かされてる。

昔のモノがない時は、なんでも売れました。

そして、モノが溢れてくると今度は、価格競争、PR競争になります。
1円でも安い商品が売れ、CMなどにバンバン広告費をかけるようになります。

でも、今はそんな時代じゃなくなってきてます。

今は、つながりの時代です。誰々のオススメだから買う、ネットで調べて信頼できそうだから買う。こういう時代になってきてます。

で、こういう時代に必要なのは価格でもCMでもなく、共感です。

つまり、自分の好きな人がオススメしているんだったら、買いたい!って思えるようなモノが売れる時代になってきているんです。

 

ようするに、企業の論理が通じなくなってきてるんです。
安いし、よく見かけるけど、なんとなく気に入らないから買わない。

もしくは、食べログで見てみたら評価低いから行かない、なんて事は普通になってきています。

そんな時代に大事な事は「正直にあなたらしさを発信する」という事です。これに尽きます。

現代は、SNSやブログなど個人で発信できるツールは山ほどあります。そんなツールを使って、あなたの考え、あなたの意見を素直に発信する事が大事です。

発信する中であなたに共感をする人が増えていくのです。

SNSやブログなどでは想像以上に、あなた自身の人柄が見られています。
ネット上の印象だけであなたは判断されてしまいます。

つまり、ネット上だけであなたのファンも作れるし、逆に敵もする事が出来るのです。

なので、これからはいかに自分の考えに共感してもらえる人を増やしていけるかを考えて、発信する事がモノを売る上では大事です。

実際にどういう投稿をすれば良いのかについては、こちらの記事を見て下さい。

Facebookのビジネスでの使い方、みんな間違ってますよ。

 

モノガタリの時代へ

モノが継続的に売っていくためには、共感を重ねて「モノガタリ」を作っていく必要があります。あなた独自のモノガタリです。

モノガタリが出来てくれば、さらにそのモノガタリに共感する人が増えていきます。

このサイクルをまわしていく事が出来れば、あなたの影響力は飛躍的に高まるでしょう。何かを販売する時には、この共感⇒モノガタリ⇒共感というサイクルを意識するだけで結果がまったく違ってきます。

是非、試してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


3 + = 八

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>