WordPressって書きにくい!だからエディター選びが重要。

alone-61043_640-624x468.jpg
alone-61043_640-624x468.jpg

macでのwordpressの更新もスムーズに行くように、
新しいエディタをいろいろと試し中。

 

やはり、ツールによって作業効率は相当か変わるのでとっても大事。

 

私は普段はモバイルはmac book air
デスクトップではwindowsを使っています。

windowsでのwordpressの更新は、無料で使える「windows live writer」 がとにかくオススメ。私もこれを使ってからブログの更新速度が5倍くらいあがりました。

 

ただ、それに匹敵するmacのエディターがなかなかないので、いろいろと試してみる事にしました。

 

ポイントは直感性です。

 

何も考えずに直感で操作できて、必要最低限の更新は出来てしまう事です。
要するに高機能過ぎても意味がないという事です。。

 

何事もモノは試しという事で、こちらで一番有名と書かれていたectoを使ってこの記事を書いています。
ectoのサイトはこちら⇒http://illuminex.com/ecto/(英語のサイトです。)

ちなみに、ectoは有料ソフトで価格は17.95ドル。フリートライアル期間は21日間です。

 

早速インストールして使ってみました。
最初は少し戸惑いましたが、基本的には書き易いです。

こんな編集画面です。
スクリーンショット(2013-12-29 17.27.04).png

 

ただ、書いていて気付いた事が2つ。
1点目、画像の読み込み方法が分かりにくい

 

iphotoで撮影した画像は「メディアを読み込み」という箇所を押せば読み込めるのですが、ネットなどから保存した画像の読み込み方法が分かりづらくて苦戦しました。

 

2点目は、フォントの編集ができない
もしかしたら、やり方があるのかも知れませんがフォントを大きくしたり、色を変えたりする方法が分かりません。そして、見出しの設定方法も良くわからないです。

 

この辺りは、いろいろを調べる必要がありそうです。
これからもいろんなエディターのレビュー記事を書いて行こうと思います。

今、wordpressですでにブログを更新している方やこれからwordpressの設置を考えられている方はエディター選びにも注意して下さいね。全く更新速度が変わりますから。

 

追記:
フォントの編集機能が分からないと書きましたが、編集方法が判明しました。
上部メニューのFormatからShowFontsを選べば編集できるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


3 × 一 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>